睡眠2017.03.10

睡眠を妨げるような日々の習慣が、 意外とたくさんあります

食事や入浴は寝る直前に急いで済ませ、部屋着のまま電気毛布をつけっぱなしの布団に入り、眠くなるまでスマホ三昧。そんな生活に心当たりはありませんか?

蛍光灯やスマホのブルーライトを大量に浴びるとなかなか眠気が起きず、スムーズに入眠できません。また、満腹状態や入浴直後のほてった状態、温かすぎる布団、吸湿性の低い部屋着もねむりを浅くする一因に。うっかり行いがちな日々の習慣の中にも、不眠要素が潜んでいる場合があります。
頭蓋骨を適度に緩め、副交感神経が優位になれば、快眠の糸口へと繋がるかもしれません。
(HONEY-STYLE30号より抜粋)