レシピ2018.02.28

リンゴと春菊のショウガドレッシングサラダ
/食感の違いも味わいたい!

新陳代謝をよくしたい、はつらつレシピ

肋骨を意識した呼吸が身につくと、新陳代謝が活発になるほか、自律神経のバランスが整いやすくなって心も体もリラックス。そうした働きを助けるレシピを料理研究家の友兼さんに教わります。 サラダで意識したのは、抗酸化作用の働きで新陳代謝を促すポリフェノールに富む食材です。「ポリフェノールは皮や芯に多いので、リンゴは皮ごと使って芯は切り方に工夫を。ゴボウは皮をこそげすぎず水にさらしすぎず、効率よくとりましょう」。サラダのドレッシングにもショウガをすりおろして加えました。体が縮こまりがちな冬こそ心地よい呼吸を習慣にし、新陳代謝を促す食材を取り入れて、毎日を生き生きと過ごしましょう。

材料

リンゴ…1/4個
春菊…100g
ささみ…2本
ゴボウ…1/3本(70g)
ゴマ油・しょう油…各小さじ1

A
砂糖、片栗粉…各小さじ1/2
ショウガ…小さじ1/2(すり下ろし)
塩…小さじ1/4
酒…大さじ1
水…大さじ2

B
ゴマ油…大さじ1
ショウガ…小さじ1(すり下ろし)
酢…大さじ1
砂糖…小さじ1
しょう油…小さじ1
塩…ひとつまみ

糸トウガラシ…適量

POINT.1
芯はギリギリまで活用

リンゴの芯はポリフェノールが豊富。なるべく芯も多く使えるように、種の周りだけ小さめにV字に入れてカット。

POINT.2
ゴボウの皮はこそげすぎない

ゴボウの皮は包丁の背で軽くこそげる。白い部分が見えるまでこそげると皮のポリフェノールが減ってしまうので注意。

作り方・手順

  • リンゴは縦半分に切り皮つきで5mmの薄切り、春菊は葉の部分をちぎって水にさらして水気を切っておく。
  • ささみをAに漬けてもみ込み、600wのレンジに2~3分かけ、粗熱がとれたらほぐす。
  • ゴボウの下処理をする。ゴボウは流水で洗った後、包丁の背を使って皮の黒い部分をこそげ落とし、5㎝長さの細切りにしてさっと水にさらして水気を切り、ゴマ油を熱したフライパンで炒め、しょう油を入れてサッと絡める。
  • Bを混ぜてショウガドレッシングをつくっておく。
  • 器に春菊をふんわりと盛り、①のリンゴ、②のささみ、③のゴボウを散らして④のドレッシングをかけ、糸トウガラシをのせる。
食材をチェック
リンゴ

リンゴのポリフェノールは優れた抗酸化作用が注目される。豊富なペクチンは整腸作用に効果がある。

春菊

緑黄色野菜の中でも、体内でビタミンAに変わるβカロテンが豊富。加熱すると生に比べ特有の苦みが出る。

ゴボウ

食物繊維は野菜の中でトップクラス。便秘改善に役立つ。ポリフェノールは皮に多いのでさらしすぎない。

糸トウガラシ

辛みの少ない赤トウガラシを乾燥させ糸状に切ったもの。香りがよく鮮やかな色は、料理のあしらいに重宝。

教えてくださるのが

料理研究家友兼 由子さん
ともかねよしこ/ケータリングやフードコーディネート、食をプロデュースする「L.A.C.」主宰。モロッコなどの北アフリカ、アジア、ヨーロッパで出会った各国の家庭料理を得意とし、雑誌などの各メディアで活躍中。神戸で毎月少人数制の料理教室を開催。